スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿泊旅行

おはようございます。今日は珍しく朝の更新です。

日本ではゴールデンウィークも終わり、みなさんお仕事や学校が再開したところですね。
どのようなお休みを過ごされましたか?

娘の学校の5,6年生が今日から3日間の宿泊旅行です。と言っても希望者のみなのですが。。。

ミシガンの北に位置するマキノー島へ行きます。観光地として有名な場所で、私も付添として同行します。


今はバスの中。。。あと5時間ほどバスに揺られ、フェリーに乗ります。

ほぼ移動で終わってしまう1日ですが、事故もなく無事に着きますように。。。。


スポンサーサイト

Project Challenge

子供達が通う市内の小学校ではProject Challengeというプログラムがあります。


対象になるのは4年生から6年生までで、3年生の後半に先生に推薦を受けた生徒達がテストを受けて
テストにパスした生徒だけが参加できるようになっています。


3月に行う先生と親の面談の時に「Project Challengeに推薦しておきました。5月頃にテストがあります」と
言われた娘が見事テストに合格!



2週間に1度市内の中学校へ行き、同じように選ばれた他の小学校の生徒達と授業を受けます。
今日がその初日で登校後スクールバスで迎えが来て3時ごろ自分の学校へ戻ってきます。


今年は娘を含め3人の女の子が娘の学校から参加することになりました。



クラスの内容は今年は世界各国のことを学ぶ、と手紙に書いてあり
5月には市内の高校で展示発表をすることになっています。


5,6年生はシカゴに旅行に行くことになっていたり
4年生も遠足があったり…となかなか充実したプログラムのよう。



色々と自分達で調べたりする宿題が多そうなので、親の私達も協力していかないといけないようです。。。



せっかくの良い機会に恵まれたので、頑張って欲しいと思います。

これって。。。

子供達が学校から持ち帰ってくる手紙類やプリント、工作などを置いておく場所があります。

昨日仕事から帰ってそこの前を通った時に こんなものがプリントと一緒に置いてありました。

↓ ↓ ↓







↓ ↓ ↓







↓ ↓ ↓

DSC02431_convert_20101028004206.jpg


これを見て「え?? てるてるぼうず~??」と思った私。

ハロウィーンも近いことだからその関係で作った何かであろうとこは分かっていたけど
置いてある場所が場所だったから、まさか学校で『てるてるぼうず』作る訳ないよなー、と横を通り過ぎ
あとで聞いてみよう、と思いました。




私: これ、K(息子)が学校で作ったの?

息子: うん アートの時間にね

私: これって何、てるてるぼうず?

息子: 違うよ 

私: でもこれって てるてるぼうずじゃない?

息子: 違うよ、ゴーストだよ~ ほら、顔に血がついてるでしょ!!

私: それでもやっぱり私には てるてるぼうず にしか見えないなー

主人: そうだよね、てるてるぼうず だよね~

娘: うん、てるてるぼうずだけど これはK(息子)が学校で作ってきたから ゴーストなんだよ






娘は日本で作ったてるてるぼうずのことを覚えているけど、息子は何かを作ることにまるで興味がなかったせいか
あまりよく覚えていないみたい。。。





同じように作ったモノでも、国が違うと違ったものに見えるんですね。

みなさんは、パッと見て何だと思いましたか~??

新学期 2010

長い長い夏休みもやっと終わって、やっと今日から子供達の学校が始まりました。

今日から娘は3年生、息子は2年生です

昨日は子供達と学校へ持って行く文具類などを最終チェック。
夏休み前に学年別に必要な文具類などのリストをもらって来ます。

ティッシュやhand sanitizerとかの消耗品はいいとして、何故毎年ハサミを買うの??と思うのは私だけ?

確かに全員が全ての物を揃えることが出来なくてシェアするのは分かるけど、それでも毎年買って持っていったら増えていく一方なのでは??と思うのだけど。。。

学校は引っ越ししても5分程度の距離なのと、私が出勤する時間にグランマが来て学校へ行く時間まで子供達の面倒を見てもらうので、グランマが来るギリギリまで寝かせておこうと思っていたのに

娘は6時15分、息子も6時25分に起床。

特に娘は「マミーおはよう」と部屋から出て来た時にはすでに着替えていました~
友達に会えるのを楽しみにしていたみたい。

夏休み中は起こさないと起きなかったのに。。。

「学校行きたくないな~」「まだ心の準備ができてないよ~」と行っていた息子もやっぱりちょっと興奮気味だったよう(笑)

「まだ早いから自分の部屋で静かにしててー」と言い、その間に家事。

グランマが来て私と交代。
今日は半日なので、お迎えもお願いしました。



前学年までは2クラスだったのが、今年は2年生以上はすべて1クラスのクラス編成。
そうするとクラスの人数は40人以上。

日本人の私からすれば40人規模のクラスは珍しくない。
でもアメリカの学校は少人数のクラスのことが多いので、これに対して不満のある保護者は多数。

休み中に会った子供達の友達のお母さん達との会話でも、「1学年1クラス」の話題が必ず出ていました。


「きっと2クラスに分かれることになると思うよ」と何人もの人が言ってたけど
娘が「先生が暮らすが分かれるって言ってたよ」と言っていたので数日中にクラスが分かれるみたいです。

そうなると分かっているなら始めから2クラスにしておけばいいのに。。。


これから1年間また頑張ってもらいましょう♪



遠足@TV局

娘の担任の先生は遠足好きで、毎月のようにどこかしら行っています。
遠足と言っても市内の高校のプラネタリウムとか、遠くまで行くことはないのですが。。。

土曜日に遠足って普通に考えればないと思うのですが、今回のこの遠足は学校が主催している遠足ではなくて
先生が個人的に子供たちに社会見学をさせてあげる、という目的で実現しました。
なのでクラス全員が参加ではなく、希望者のみ。

本当は息子も連れて行ってあげたかったのだけど
場所がテレビ局というのと一度に大勢を受け入れることが出来ないというので親一人、子一人での参加になりました。

場所はデトロイトのダウンタウンにあるローカルチャンネル4。

気象予報士のAndrewがツアーをしてくれました。
(デトロイトエリアにお住まいの方、彼は毎時のニュースで天気予報をしていますよ~)

テレビ局というので建物も大きいのだろうと想像していたのだけど、ニュース専門のスタジオだったのでこじんまりとしていました。

ニュース、天気予報、スポーツとそれぞれ部屋が分かれていてそこで放送の準備をするそうです。

Andrewの部屋では天気のレーダーが移っているモニターが数台あり、子供達に分かりやすいように説明してくれました。

1つ1つの部屋、コントロールルームなどを見て周り、最後は生放送のニュースを見学。

2年生の子供達どこまで静かに生放送を見ていられるか、私達親と先生はドキドキ。
意外にもみんな静かにしていて、やれば出来るのね、という感じでした。

ちょっとボケている写真で分かりづらいかもしれませんが、ここで実際の放送が行われます。

DSC02145_convert_20100215083248.jpg

こちらはスタジオとつながっているマスターコントロールルーム。

DSC02150_convert_20100215082614.jpg

生放送が終わったあとは、アナウンサーの座る椅子に座って写真を撮ったり、天気の画面が映し出される緑の垂れ幕の前に立ち、モニターに映った自分達の姿を見て大喜びしていた子供達でした。

本当は子供達が楽しんでいる様子も写真に撮ったのでブログにもアップしたいところですが
ブログに顔は載せないことにしているので、お友達のみなさんには会った時に写真お見せしますね~!
     
プロフィール

MIQ1356

Author:MIQ1356
2008年7月に主人、娘&息子とともにアメリカ、ミシガン州に引っ越してきました。

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。