スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Take your Child to Work Day(Career Day)

昨日学校から帰ってきた子供達が手紙をもらってきました。
                     
「4月23日はお子さんを職場に連れて行きましょう。その場合には会社のレターヘッド付の手紙をもらってきてください」

23日って明日じゃん、って思いながら前日に子供達に手紙を持って帰させるのもどうかな~と思いつつ帰ってきた主人に手紙を見せました。

「朝が早いし急な事だから何とも言えないけど明日仕事へいったらすぐに聞いて電話するよ」とのこと。

仕事上色々と危険が伴う場合もあるのでムリかな…と思いながらも、今朝もう一度「子供達が行ってもいいか分かったらすぐに電話してね」と送り出しました。

しかし。。。 なかなか電話がかかってきません。学校にも電話して子供達は今日職場に一緒に行くという電話をしないといけないのでだんだん焦ってくる私。
学校に行く時間になっても連絡がないので、先に今日は欠席することを学校に伝えました。

午前10時。まだ連絡がないので、こちらから主人に連絡をとってみました。主人のボスが電話に出て、折り返し電話してくれることに。そのご10分ほどで主人から電話。

「ボスが職場見学は"NO"だって。理由は働いている場所が病院(といっても主人は医療従事者ではありません)ということ、仕事自体危険が伴うことなので、子供をそういう状況に置くことは出来ないこと。でも仕事が終わる時間に合わせて来てくれればどういう仕事をしているかは案内できる」とのことで、その時間に合わせて私も子供たちと一緒に行くことに。

その時間まではグランマと私で家で働いている私達を見てもらいました。一緒に手伝ってもらったり、ちょうど食料品の買出しに行く予定だったのでリストを一緒に作ったり、1週間分のメニューを考えたり。。。

「専業主婦はお金はもらえないけど立派な仕事なのよ」とグランマに言われた子供達。
時給8ドルで、1日7時間、1ヶ月30日で計算すると約1700ドル。。。
1ヶ月これだけ余分に収入があれば、貯金にまわせるなぁと色々と使い道を考えてしまいました。


そして買い物の後、ランチを食べてグランパのクルマでダディの職場へ。
自宅から北へ行くこと約30分。
待ち合わせの場所で主人が待っていてくれました。グランパは仕事があるのでそのまま仕事場へ直行。私達は主人の案内で見学。ちゃんと静かに見学できて私は一安心。

ボスからもちゃんと手紙を書いてもらうことも出来ました。

今までダディの仕事がいまいち分かっていなかった子供達。
今日見学できて少し理解できたみたいです。
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

MIQ1356

Author:MIQ1356
2008年7月に主人、娘&息子とともにアメリカ、ミシガン州に引っ越してきました。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。